健康ぷらいむ

日常のあらゆる健康情報をお届けします!

腸内環境に良い乳酸菌を生かす

   

 

腸内環境を整える善玉菌のチカラ

乳酸菌は体内の腸内環境の健康にとってなくてはならない存在です。
体内には、およそ30種類のビフィズス菌がいますが、それらも乳酸菌のひとつで、この乳酸菌はヨーグルトやカスピ海ヨーグルトなどから、食品として取り込むことができる
わけですが、なぜ乳酸菌を取り入れることが体に良いのかご存知でしょうか?

しかし、乳酸菌は取り入れる為にも、工夫が必要で、ヨーグルトなどの食品から取り入れる多くの乳酸菌は体内に取り込んで腸内に届くまでに多くが死滅してしまう為、
結果として、目に見える効果として現れないことがあります。

その為の方策としては、ひとつは、乳酸菌食品を選択することです。
多くの乳酸菌の入った食品でも、生きたまま乳酸菌が腸内に届くものも多くあります。
もし、選ぶのなら、こういった腸内まで届く乳酸菌を選ぶべきです。
また、カスピ海ヨーグルトなどを毎日食べることでも乳酸菌や善玉菌と呼ばれている健康的なビフィズス菌を取り入れることができます。
善玉菌のチカラは多くの健康効果が期待でき、例えば、便秘やお通じの改善も期待できます。
また、老廃物を輩出する善玉菌のチカラによって、体内の毒素が減少することで、ニキビや吹き出物の減少や美肌効果にもつながるわけです。

この善玉菌のチカラは、最近では色々なところでの研究結果も報告されていて、日本テレビの「世界一受けたい授業」ではカスピ海ヨーグルトの効能として、
アトピー性皮膚炎の改善なども取り上げられ話題となっています。
カスピ海ヨーグルトと言えば、以前にも、健康効果が話題となってブームとなった時期がありました。
最近はそのテレビ放送などの影響もあり、再ブームとなりつつあります。
しかし、カスピ海ヨーグルトの発売元である、フジッコによる昨年の発表では、製造時の粘り気不足によって一時販売を見合わせるとういうことでした。
確かにこの粘り成分であるクレモリス菌がカスピ海ヨーグルトの効果の基礎と言っても良いもので、これが無くてはカスピ海ヨーグルトと呼ぶこともできませんし、
また効果も期待できないことでしょう。
しかし、最近では、そのカスピ海ヨーグルトの成分を手軽に取り入れることができる、サプリメントなども発売されています。
これもまた、カスピ海ヨーグルトの販売元、フジッコが発売している「善玉菌のチカラ」という商品で、手軽にカスピ海ヨーグルトと同じ成分
のクレモリス菌の善玉菌20億個をたった一粒で取り入れることができます。

善玉菌を生かすオリゴ糖

しかし、腸内環境を整えてくれる、善玉菌を取り入れてもそれだけでは、良いとは言えません。
実は善玉菌となる乳酸菌はおよそ30種類が腸内にいるわけですが、それらを活発にする必要があります。
いくら腸内に乳酸菌を取り入れても乳酸菌もまた、生きているわけなので活発に活動を促すことが必要です。
その方法として、考えることができるのが、オリゴ糖を摂取することです。
オリゴ糖は、腸内の乳酸菌を活発に活動させることができる、いわゆる、乳酸菌の餌となるもので、これを取り入れることで、
乳酸菌などの善玉菌のチカラを効果的に発揮させることができるわけです。
しかし、善玉菌とオリゴ糖には相性があって、単一のオリゴ糖では、約30種類いるオリゴ糖の中の本の一部を活性化させることしかできません。
だから、効果的に乳酸菌、善玉菌を活性化させる為には色々な種類のオリゴ糖を取り入れることが必要でしょう。
最近では、このオリゴ糖も天然素材のいくつかの3種類から5種類程度のオリゴ糖をミックスしたものも発売されていて、
効果的に便秘の改善などに効果を発揮しているようです。
このオリゴ糖の利点は食品であり、天然素材であるということでしょう。
それにより、離乳食を始めた頃の赤ちゃんや子供から成人、さらに高齢者まで安全に取り入れることができる健康的な食品です。
便秘の改善などには薬なども用いることもありますが、まずはこのオリゴ糖で効果がでるかを見た方が良いわけですが、これもまた
1日で結果がでるものではないので、毎日継続することがとても重要と言えるでしょう。

 - 未分類